「2016年1月」の記事一覧

自宅や外出先で安全な副業への取り組み

副業と聞くとどうしても本業に影響が出たり、仕事そのものの信ぴょう性を問われたり、報酬金の支払いが不安だったりという課題に出くわすことがあります。携帯副業でも詐欺のサイトが多くて不安だと良く聞きます。しかし、現在は安全な副業も探せば、いくらでもあります。もちろん、FXやデイトレード、アフィリエイトといった専門知識が前提の副業もありますが、こちらはだれしもが実施可能なわけではありません。
安全な副業で一般的に取り組める内容をここからはご紹介したいと思います。それも休日に丸一日使っての日払いのアルバイトではなく、空いた時間を使った副業に絞ってのご紹介です。
大前提としてインターネット環境とパソコンやスマートフォン、タブレット端末さえあればできる副業になります。
いくつかの副業の種類がありますが3つご紹介します。まずはアンケートサイトです。ふだんから基礎アンケートにまめに答えておけば、本アンケートの配信もあり、いくつかのサイトに登録しておけば、毎月数千円の収入になることもあります。ほとんどのアンケートサイトがパソコンでもスマートフォンでも回答可能なので時間を見つけていくらでも答えられます。
次にポイントサイトです。こちらもインターネット上にかなり存在しています。とにかく毎日コツコツクリックするポイント、ゲーム、サイト経由のインターネットショッピング、無料会員登録、さらにはアプリのダウンロードと種々をこなすことで換金するまでのポイントになります。そして最後にクラウドソーシングです。こちらはデザインやデータインプットというスキルだけでもなく、簡単なライティングでもお小遣い稼ぎになります。こうした、ポイントサイトやアンケートサイト、クラウドソーシングといった安全な副業は個人情報、副業として本業への影響も全く問題ないものです。だからこそ、自分自身のペースで安全な副業として内容を選別の上、こなしていけば、十分な収入を得ることも可能ですし、きっと満足度も高いはずです。勿論どれも自宅で稼ぐことができます。これこそがネット副業の利点ですのでストレスなくやれるが魅力ですね。

クレジットカード現金化って結局どういうこと?

クレジットカード現金化ときくとなんとなくアングラなイメージというか、あまりよろしくないような感じがしますよね。もしかして法律違反なのかな?と思ったりもしましたが、その割には国道沿いにクレジットカード現金化業者の広告看板が出ていたりもするし、私が勝手に悪いイメージを持っているだけで、本当は誰もが普通に利用しているものなのかな?なんて考えたこともあったんです。

そこでクレジットカード現金化について改めて少し調べてみました。クレジットカードを現金化するというと、そのままの意味で捉えればクレジットカードを売却して現金を得るということになりますよね。でもクレジットカード現金化はそういうことではなくて、カードのショッピング枠で何か商品を買ってそれを売るなりなんなりして現金を得るということなんですね。これは厳密にいうとカード会社の規約には反している可能性もあるようですが、はっきりとダメだと言われているわけではないようです。

でも単にカードで買い物をしてそれを売却するというだけなら、個人でも簡単にできそうですね。どうしてそこに業者が絡んでくるんでしょう。そこで関係してくるのが、やっぱりカード会社の規約に反する恐れがあるという部分のようですね。現金化したいと思っている人というのはやっぱりお金がない人。クレジットカードの利用を停止されては困るわけです。でも自分で換金率の高いような商品を買ってそれを売る、ということを繰り返しているとカード会社にそれが現金化目的だと思われてしまい、カードの利用停止につながってしまう恐れがあり、それを避けるために間に業者を入れるんですね。

業者が入ることでカードの利用履歴として残るのは、あたりさわりのないお店から特に買ってもおかしくはないような商品を買ったという証拠だけ。現金化のためにカードを使ったとは思われにくいと言うことですね。もちろんできるだけ現金化にクレジットカードを使わない方が良いのでしょうが、もしそうしないといけないような状況になったときには、業者を通してみた方が良いのかもしれません。

即日は当たり前、早ければ数分後の入金も

始めてクレジットカード現金化をするとなると、緊張感も高まるのではないでしょうか。でも、想像している様な所ではないと思います。非常に丁寧にお店の人達も対応してくれますから、その緊張感も直ぐにゆるむはずです。あまりにもリラックスしてしまって、自宅にいるのと何ら変わりない安心感を持つという事もあるでしょう。その場合、お店の中に長くいるという状態になりますが、それですとお店の方の迷惑になるかもしれませんので、程々の滞在にとどめておきましょう。

それ以外に利用する方法としてはインターネットを経由した方法もあります。こちらの方は近所に現金化のお店が無いなんて人には役立つ事でしょう。ネットで買い物をして、それに対してキャッシュバックを行うという方式の所が増えているとの事です。法的に利用はどうなのかという意見もありますが、ほぼ大丈夫だと思ってもらっていいでしょう。仮に警察が逮捕するにしても、それは業者の人達であって、利用したお客さんではないのですから完全に安心なのです。

注目は換金率という事になりますが、他にはそのスピードが重要になります。お金に困っている時は出来る限り早く現金を手に入れたいと思いますから、それも当然ですよね。クレジットカード現金化業者においても非常に重要視されているため、力の入れようも半端ではありません。ネットで購入した数分後には現金が振り込まれているという例もあります。ちなみにこれはかなり早い例でして、全てがこうだという訳ではありません。もう少し時間が必要になる所が多いでしょう。しかし何れにせよ早い事には変わりありません。

クレジットカード現金化の優れている所は、利用者本人の状態に関わらず現金を入手する事ができるという点です。極端な話ですが、失業していても借金があってもカードさえ所有していれば、それでOKなのです。某ランキングサイトではキャッシュチェンジという業者が1位でしたので覗いてみても良いでしょう。

もしもすぐにお金が必要な場合は利益率が高い商売を考える

もしもすぐにお金が必要な時には、出し惜しみせずに自分の持っている有利な部分を公表するという手段があります。例えば書店に行くと色々な本が売っていることに気づかれると思いますが、これらの本はなぜ売れているかというと、本を書いた人の得意な部分や周りの人が求めるような優れた情報を求められているおかげだと言えます。つまり私たちが持っている有利な部分に関するデータや周りの人が好みそうな情報は直接お金に繋がるということです。これはすぐにお金が必要にとってかなり有利に働くメリットだと思います。

もしもインターネットを持っている場合は、無料レポートなどの検索ワードを使って、インターネットの検索サイトで調べてみてください。これらの無料レポートは多くの人々にダウンロードされています。彼らはいったい何を求めているかというと、無料レポートにもしかしたなら自分達にとって有利に働くような情報が載っているかもしれないという期待を込めているのです。逆にこういった無料レポートを出している人たちは何を期待しているのでしょうか。無料レポートを読んでくれた人たちの中から固定のファンを引き出して、彼らに有料のレポートやセミナーを買ってもらいたいのです。こういった有料レポートやセミナーはとてもお金になります。なぜかというと、有料レポートにはあまり元出がかからないので非常に高額の利益が見込めるからです。

レポートを出すための費用といっても、もしも電子系のレポートであれば、かかるのは電気代程度でしょう。紙に印刷したレポートだとしても、たいした支出にはなりません。それどころか、それらのレポートを売ることで多大な利益が入ってきます。セミナーも情報を売るための場として考えられますが、教室代など物品売買に比べたら損益計算してみればわかりますが、利益率はとてつもないレベルです。このようなすぐにお金が必要な場合の商売のポイントは、今すぐに持っている情報を売り出すことができるので、たいした準備を必要としないという点です。

図書館の本を弁償するために、すぐにお金が必要!

仕事で資料が必要になったので図書館で本を10冊借りました。合計で4万円も節約できたので、図書館の存在には大助かりです。ところが、うちの猫がそれらの本のうえにオシッコをしてしまいました。も~う、バカ猫!本は濡れてガビガビになっているし、ツーンとオシッコの臭いがして鼻をつんざきます。知らんぷりして返却しようかとも考えましたが、他の人が猫のオシッコの臭いがする本を借りた時の気分を考えると気が引けます。やっぱり、ここは素直に弁償するしかなさそうです。しかし、困ったことにお金があまりありません。一日も早く弁償するためには、すぐにお金が必要となりました。

しかし、すぐにお金が必要と言っても、一体どうすればいいのやら。私は膝下ですやすやと眠る猫を撫でながら思案しました。そして、そういえば以前友人がネット副業について何か話していたなと思いあたりました。そこでスマホでネット副業について検索してみると、いろいろとあるではないですか。なになに、ブログライターやネット内職、せどり、バイマ、アフィリエイトサイト…。どうやら、やる気さえあればネットではいくらでも稼げるようです。これだ、これしかない!私は思いました。すぐにお金が必要なのだから、あれこれ悩むのはやめて、今すぐネット副業に取り掛かろう。そう決心したのです。

そして、私は週末の時間を使って、ネット副業に明け暮れました。たぶん20時間以上働いたのではないでしょうか。そして、何とか4万円の報酬を得ることに成功したのです。2日で4万ですから日給にすれば2万円です。高収入の日雇いバイトをしても、日給2万円というバイトはなかなかないですよね。いかにネット副業が儲けられるものであるか、私はまじまじと実感しました。そして、稼いだお金で10冊の本を新たに買い直し、図書館へと持って行ったのです。そして、戦利品として猫のおしっこのかかった本をいただくことができました。これからも猫のオシッコのせいですぐにお金が必要になるときがあるかもしれませんが、私にはネット副業があるから安心です。そのことが分かっただけでも、今回の件はよしとしたいと思います。

すぐにお金が必要なときの手っ取り早い手段とは?

先行き見えない時代のなか、さまざまな事情ですぐにお金が必要となる場合があるのではないでしょうか。実際に急な事態でまとまったお金が必要なときに、あなたならどうしますか。一番良い方法は、家族や親しい人から借りることではないでしょうか。無利子で借りれますし、お金が手元に入ったらすぐに返済すればOKです。ただ金額によっては、友人関係や家族の関係にヒビが入ることがあります。数万円程度であれば、頼むとよいのではないでしょうか。

さらに、すぐにお金が必要という場合、どんな手段がベターでしょう。身内や友人から借りるのが難しい場合は、しかるべき会社から融資を受けるという方法があります。誰に迷惑をかけるわけではないので安心の方法かもしれないですね。もちろんすべての人が融資を受けられることではありません。そうなったら、どうしたらよいでしょう。すぐにお金が必要な場合、まず自分の家の中や持ち物を見回してください。あまり必要がなくて売れそうなものはありませんか。レアなものや貴重なものは、意外と高値で売れることがあります。

いろいろ見て、今必要ないと思ったものをリサイクルショップに売ると、収入が入ることがあります。とくにCDを売る場合はCD専門リサイクルショップ、ブランド品ならブランド専門ショップに売るとよいですね。一番高値で買い取りしてくれるでしょう。またすぐにお金が必要でも、一か月先くらいでもよいなら自己アフィリエイトをすると、手元に数万円が入ります。これはサイトに広告を載せて申し込や買い物をすれば、手元に収入が入る仕組みです。これを自分でおこなって収入を得るというものです。クレジットカードの申し込みやFX開設となると、いっきに数万円ゲットできます。

このように、すぐにお金が必要な場合は以上のような手段がおすすめです。どれくらい切羽詰まっているかによって対策が変わってきます。やはり備えあれば憂いなしですので、いくらかの蓄えは必要かもしれませんね。

すぐにお金が必要な時のキャッシングの注意点

突然の出費で、すぐにお金が必要となった時には、キャッシングの広告や、クレジットカード現金化などの広告が目にとまりますが、よく考えずに申し込みをすると、後でトラブルになりかねませんので、注意が必要です。まずクレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って、商品券を購入して、買い取ってもらうという業者が多いですが、このような利用方法は基本的にカード会社の規約で禁止されている場合が多いので注意が必要です。

また、カード会社は、チケットや人気家電など、現金化が容易な商品を集中してカードで決済すると、不正な利用の可能性があるとして、詳細を調査してきます。利用規約の違反と判定された場合は、カードが解約となり、残債を一括で請求されてしまうということも考えられますので、注意しましょう。どうしてもすぐにお金が必要という場合は、しっかりした会社の即日融資にしたキャッシングは、しっかりと会社を選べば、安心して使えるものがあります。即日融資に対応したキャッシングサービスの中では、いくつかのタイプに分けることができます。まず一番有名なのが消費者金融です。消費者金融と言うと恐ろしいイメージを抱く方もいるかもしれませんが、最近はテレビCMでもおなじみで知名度もあり、少なくとも法律は守って運営されていますので、そこまで怖がる必要はありません。次に、銀行系のカードローンがあります。

これは、誰でも知っているメガバンクと呼ばれる銀行の関連商品でも即日融資に対応する場合がありますので、意外に思う方もいるかも知れません。最近では地方銀行や、ネットバンクの中でもカードローンがラインナップとして入っていることが多く、最短即日融資と謳われているものが多くあります。最後は街金と呼ばれるものですが、基本的に名前を聞いたことが無い会社は契約をしないのがベターです。特に、担保や保証人を求められた場合は、最大限の警戒をしましょう。というのも、基本的にカードローンやキャッシングといったサービスは、無担保、保証人なしで利用できるサービスだからです。商品説明で何かおかしいな、と違和感を感じた場合は、いくらすぐにお金が必要な状況であっても、その他の方法を考えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ