クレジットカード現金化って結局どういうこと?

クレジットカード現金化ときくとなんとなくアングラなイメージというか、あまりよろしくないような感じがしますよね。もしかして法律違反なのかな?と思ったりもしましたが、その割には国道沿いにクレジットカード現金化業者の広告看板が出ていたりもするし、私が勝手に悪いイメージを持っているだけで、本当は誰もが普通に利用しているものなのかな?なんて考えたこともあったんです。

そこでクレジットカード現金化について改めて少し調べてみました。クレジットカードを現金化するというと、そのままの意味で捉えればクレジットカードを売却して現金を得るということになりますよね。でもクレジットカード現金化はそういうことではなくて、カードのショッピング枠で何か商品を買ってそれを売るなりなんなりして現金を得るということなんですね。これは厳密にいうとカード会社の規約には反している可能性もあるようですが、はっきりとダメだと言われているわけではないようです。

でも単にカードで買い物をしてそれを売却するというだけなら、個人でも簡単にできそうですね。どうしてそこに業者が絡んでくるんでしょう。そこで関係してくるのが、やっぱりカード会社の規約に反する恐れがあるという部分のようですね。現金化したいと思っている人というのはやっぱりお金がない人。クレジットカードの利用を停止されては困るわけです。でも自分で換金率の高いような商品を買ってそれを売る、ということを繰り返しているとカード会社にそれが現金化目的だと思われてしまい、カードの利用停止につながってしまう恐れがあり、それを避けるために間に業者を入れるんですね。

業者が入ることでカードの利用履歴として残るのは、あたりさわりのないお店から特に買ってもおかしくはないような商品を買ったという証拠だけ。現金化のためにカードを使ったとは思われにくいと言うことですね。もちろんできるだけ現金化にクレジットカードを使わない方が良いのでしょうが、もしそうしないといけないような状況になったときには、業者を通してみた方が良いのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ