すぐにお金が必要な時のキャッシングの注意点

突然の出費で、すぐにお金が必要となった時には、キャッシングの広告や、クレジットカード現金化などの広告が目にとまりますが、よく考えずに申し込みをすると、後でトラブルになりかねませんので、注意が必要です。まずクレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って、商品券を購入して、買い取ってもらうという業者が多いですが、このような利用方法は基本的にカード会社の規約で禁止されている場合が多いので注意が必要です。

また、カード会社は、チケットや人気家電など、現金化が容易な商品を集中してカードで決済すると、不正な利用の可能性があるとして、詳細を調査してきます。利用規約の違反と判定された場合は、カードが解約となり、残債を一括で請求されてしまうということも考えられますので、注意しましょう。どうしてもすぐにお金が必要という場合は、しっかりした会社の即日融資にしたキャッシングは、しっかりと会社を選べば、安心して使えるものがあります。即日融資に対応したキャッシングサービスの中では、いくつかのタイプに分けることができます。まず一番有名なのが消費者金融です。消費者金融と言うと恐ろしいイメージを抱く方もいるかもしれませんが、最近はテレビCMでもおなじみで知名度もあり、少なくとも法律は守って運営されていますので、そこまで怖がる必要はありません。次に、銀行系のカードローンがあります。

これは、誰でも知っているメガバンクと呼ばれる銀行の関連商品でも即日融資に対応する場合がありますので、意外に思う方もいるかも知れません。最近では地方銀行や、ネットバンクの中でもカードローンがラインナップとして入っていることが多く、最短即日融資と謳われているものが多くあります。最後は街金と呼ばれるものですが、基本的に名前を聞いたことが無い会社は契約をしないのがベターです。特に、担保や保証人を求められた場合は、最大限の警戒をしましょう。というのも、基本的にカードローンやキャッシングといったサービスは、無担保、保証人なしで利用できるサービスだからです。商品説明で何かおかしいな、と違和感を感じた場合は、いくらすぐにお金が必要な状況であっても、その他の方法を考えましょう。

SNSでもご購読できます。