チャットレディも虎視眈々と顧客を確保するべき

チャットレディというと片手間でやっている女性が多い印象があります。実際にそういう気持ちはなく、本気で取り組んでいるよという人も多いのですが、だからといってチャットレディを副業として取り組んでいる人も少なくはないため、どうしても軽く考えがちな印象が拭えません。はっきりといいますが、片手間で簡単にお金が稼げるようなものはありません。それでお金が稼げているよという人は嘘つきか、よほど才能が豊かであるか、またはたまたま運がいいだけの話です。

だからこそではないのですが、チャットレディも虎視眈々としっかりと顧客を確保しなければなりません。なぜかというと、やはりこういう仕事は客商売なので、リピーターが大切だからです。もちろん、新規顧客開拓も大切ではあり、一番に優先すべきではあるのですが、だからといって既存のお客さんをないがしろにする理由もありません。お金を落としてくれる人は等しく神様のように扱うべきだというのは商売をする人にとっては当然のことですが、その想いが最近のチャットレディには足りないような気がしていて、まことにけしからん夢を見ていると花の慶次-雲のかなたに-に出てくる上杉景勝のように頭を悩ませたくなる瞬間も多々あるのです。

ただし、いきなり顧客を確保するといっても戸惑うかもしれません。そこでヒントを差し上げたいのですが、感覚的にいくのではなく、しっかりと顧客一人一人を分析することです。そうすれば、その人の喜ぶことや怒ることなどの感情面を掴めるようになります。感情さえ少しでもコントロールできれば、あなたのリピーターとして足繁く通うことにもなるのです。足繁く通ってもらうことは顧客の確保といっても問題無いですから、まずはその次元までチャットレディとしての完成度を高めるように、より一層の努力をおこなって邁進されるのがよろしいかと存じ上げます。ただ、本業が忙しいならそこまでやらずに片手間でもいいでしょう。

SNSでもご購読できます。